割引運賃を理解して旅の達人を目指そう

割引運賃を理解して旅の達人を目指そう

飛行機の予約はインターネットや電話予約や旅行会社の店頭でできるようになっています。
便利になっているのですが、予約する場合にはできるだけ安く手配をしたいものです。
情報をうまく収集して賢くチケットを購入したいものです。
それには、国内線の割引運賃についての理解を深めることが必要不可欠です。
今回は【国内線の飛行機の予約について(割引運賃を理解して旅の達人を目指そう)】についてご紹介します。
 
■割引運賃の航空券は「格安チケット」とか「格安航空券」と呼ばれる!
 
日本航空・全日空・スカイマーク・エアドゥ・ソラシドエア・スターフライヤーなど
大手から中堅の航空会社で導入されているのです。
一般的には早期割引運賃や直前割引運賃があげられます。
基本的に共通しているのは予約の変更は不可になっております。
払戻しをした場合も、すごく高額に設定されている傾向です。
このように事前に知っておかなければならない条件も少なからずあります。
国内線の航空券を予約する場合に、割引運賃の種類と仕組みを理解することは避けては通れません。
 
■割引率は片道運賃が基準になります。
 
航空チケットでベースになる運賃は片道運賃です。ノーマル運賃や普通運賃など呼ばれるものです。
割引運賃の表示で30パーセント割引とか40パーセント割引とかを見かけることがあります。
そのときの基準になる運賃がノーマル運賃・普通運賃です。
片道の運賃は搭乗する時期によって価格が大きく異なります。
 
当然ですがゴールデンウイーク・年末年始・お盆などは繁忙期になります。
料金を下げなくてもお客さまは利用してくれますから、格安航空会社と言えども運賃は高額になります。
 
■往復割引運賃
 
割引運賃として古くからあるのが、この往復割引です。
同じ区間を一定の期間往復する場合に適用されます。
正しくは「往復運賃」と呼ばれます。
片道運賃と比較した場合には10パーセント程度おトクに設定されていることが多いです。
 
往復割引は予約変更も自由です。
座席制限も空席があれば使えるフレキシブルな割引運賃と言えるでしょう。
特に繁忙期には有利です。
割引運賃の比率はそれほど高くありません。
他の割引運賃の適用がない場合には利用価値がでてきます。
 
■小児運賃
 
小児運賃が適用されるのは、搭乗日の年齢によります。
満3歳以上で12歳未満のお子さまに限ります。
片道運賃の半額になります。
小児運賃の場合は、往復割引の適用はできません。
予約の変更は空席があれば自由にできます。
 
そして、搭乗日に満3歳未満は幼児扱いになります。
保護者の膝の上に載せて搭乗する場合で座席を占有しない場合は無料で利用できます。
小児運賃で注意したいのは、大人をターゲットとした割引運賃よりも小児運賃のほうが高くなる場合です。
レアケースですが、航空券を購入する場合には注意しましょう。
 
■株主優待割引運賃
 
その航空会社の株主優待券を持っている人が利用できます。
片道運賃の50パーセントオフの割引率が一般的です。
特に株主である必要もなく、株主優待券を持っている人ならば購入できます。
最近は金券ショップで株主優待券が販売されていることもあります。
予約の変更も空席があれば自由です。
 
航空会社によって利用の条件がありますが、繁忙期でも座席制限がなく使えることもあります。
他の割引が利用できないときには、株主優待も思い出してください。
予約の変更も可能です。
スケジュールが流動的な場合も有利です。


飛行機の予約を安全に安くするなら

格安航空券(国内線)

航空券予約なら

飛行機を格安で利用するなら

格安航空券(LCC) 国内